現在、こちらのブログは休止中ですが、下記のブログにて毎日一つずつイタリア語のフレーズを紹介しています。
イタリア語をフレーズで覚えたい方は、是非チェックしてみてくださいね!

イタリア語漬け〜イタリア語をフレーズで覚えたい人のためのブログ〜
http://italiagoduke.seesaa.net/

2011年09月10日

あいさつ2

*やあ!/またね!(親しい人や年下、子供へのあいさつ)
Ciao! (チャオ!)

★大都市に行くのであれば、これと「Grazie」さえ覚えておけばあとは笑顔で乗り切れるかも(笑)!?
これ一言で、ほとんどの挨拶をカバーできる便利な一言です。
是非覚えてくださいね。



*こんにちは(年上の人、あまり親しくない人へのあいさつ)
Salve(サルヴェ)

★イタリア語には敬語があり、イタリア人はあまり親しくない人や年上の人には敬語を使います。
少しイタリア語が分かるようになったら、挨拶も敬語を使うようにしてみると「お!イタリア語が分かる人だな」と思ってもらえるかもしれません。

その他にも、時間に応じて「Buongiorno」「Buonasera」も普通に挨拶として使います。



*おはよう/こんにちは
Buongiorno (ブォンジョルノ)

★誰かに会った時はもちろん、お店に入る時、お店のレジで、お店を出る時など、いろんな場面で使える便利な挨拶です。
(イタリアのお店に入る時には、必ず一言「Buongiorno (またはBuonasera)」と挨拶しましょう)



*こんばんは
Buonasera (ブォナセーラ)

★朝から日中は「Buongiorno」、夕方頃から「Buonasera」を使うのですが、人によってBuongiornoからBuonaseraに変わる時間はまちまちです。
午後4時ごろにスーパーで買い物をして、レジに行った時に「Buonasera」と言ったら、向こうから「Buongiorno」と言われたり(笑)。
夕方でも「Buongiorno」を使っても全然大丈夫のようです。
使いやすい方の挨拶を使ってみてくださいね。



*おやすみなさい
Buonanotte (ブォナノッテ)

★家族や友達などとても親しい人には「Notte.(ノッテ)」と言ったりもします。



*さようなら
Arrivederci (アリヴェデルチ)

★人と別れる時は「Ciao!」でいいのですが、あまり親しくない人や年上の人に丁寧な言葉遣いをしたい時、「Arrivederci」を使います。



*また後で
A più tardi. (ア ピュ タルディ) /A dopo. (ア ドーポ)

★この後、同じ日にまた会う場合に使う挨拶です。
数日後に会う予定のある場合は、「A presto(ア プレスト)」を使います。



*また明日
A domani. (ア ドマーニ)



*また近いうちに
A presto. (ア プレスト)
【関連する記事】
posted by satokina at 20:20| Comment(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。